東洋オステオパシー協会

オステオパシー医学の普及を行っています。

ホーム > 学院案内 > 研究科

研究科

本科を卒業された方で、更に、高度な技術やより詳細な技術を習得されたい方のために研究会を開いております。
開業臨床家、又は開業希望者は是非ご入会をおすすめします。

研究科開催日時

各学院へお問い合わせください。

研究科カリキュラム

1.足関節全般
2.肋骨手指関節肘関節
3.膝関節全般
4.頭蓋顔面
5.C.S.T.
6.靱帯性関節ストレイン
7.肩関節全般
8.仙骨 胸鎖関節 恥骨 顎関節
9.胸椎 腰椎(前方変位)
10~12.内臓マニピュレーション

*研究科を修了した者は終了認定書を授与いたします。

どのような技術(手技)が習得できるのか?

1.足関節全般

足指関節、足根骨、足裏痛等のS.C.S.(ストレイン・カウンターストレイン)詳細な矯正テクニック。

2.肋骨、手指関節、肘関節

肋骨全体の矯正法は本科で習得済みですが、研究科では各一本一本の肋骨の前方捻れ、後方捻れの矯正法であり、どうしても矯正不能な胸椎の変位等の際に用いるテクニックを学びます。

3.膝関節全般

本科では一般的な半月板の矯正方法を学びましたが、研究科では、一番多い屈曲・伸展の異常を効果的に矯正するテクニックを中心に学びます。

4.頭蓋顔面

C.S.T.(頭蓋仙骨療法)で5gで矯正できない向きは、このカウンターストレインテクニックがとても効果的であり、また、外傷性からくる障害にも効果的な矯正方法です。

5.C.S.T.

本科の復習を主に行いますが、パーキンソン病、チック症、その他の不定愁訴といわれる難病に対応できる大変重要なテクニックですので、研究科でも再度、学びます。

6.靱帯性関節ストレイン

非常に高度な技術を要するテクニック。空極のサムプレッシャー・ハイテク・マイオファシャルリリース・テクニックです。これは筋肉解放の基本です。

7.肩関節全般

三角筋、上腕三頭筋、上腕二頭筋、長頭筋等、肩四周筋(四十肩、五十肩)広背筋、菱形筋、ローテーター・カフ等の矯正方法を学びます。

8.仙骨 胸鎖関節 恥骨 顎関節

仙骨はカイロプラクティクや整体では矯正不可能とされていましたが、オステオパシーではM.E.T.(マッスルエナジーテクニック)を用いてみごとに矯正可能となりました。その他、M.E.T.による顎関節の矯正方法も学びます。

9.胸椎 腰椎(前方変位)

胸椎の前方変位も殆ど矯正不可能な部位とされてきましたが、これもM.E.T.により、見事に矯正することができるようになりました。
その重要なテクニックを学びます。

10~12.内臓マニピュレーション

非常に鋭敏な指先の感覚を要求されるテクニックですが、修練次第では、内臓の無血手術と呼ばれる技を行えるようになります。
肝臓、胆嚢、胃(胃下垂等)、小腸、大腸のマニピュレーションを学びます。

入会資格

当学院で本科を卒業された方

研究科入会方法

お申込みはお近くの学院へお電話もしくはメールにて「研究科入会希望」とお伝えください。

学院案内

学費

各学院へお問い合わせください。

学院案内

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system